• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

Q&A(よくあるお問い合わせ)

  • No : 1186
  • 公開日時 : 2019/03/26 15:05
  • 更新日時 : 2019/04/09 18:00
  • 印刷

夏期にリモコンの設定温度以上のお湯が出てきますが、故障ですか?

 

夏期など入水(給水)温度が高い場合には、設定温度よりも熱いお湯が出てくることがあります。

給湯器には、お湯の蛇口を開け、水が流れると点火しリモコンの設定温度になるようにガスの量を調節しています。
夏期など入水温度が高く、リモコンの設定温度に近い状態でも給湯器は最小の能力で燃焼するため、出湯量が少ないとリモコンの設定温度以上のお湯が出てくることがあります。
これは、夏期の入水温度が高い場合に発生しやすい現象で、故障ではありません
この場合、出湯量を多くすれば設定温度に近づきます。

出湯量は以下の計算式で計算できます。
 
※機種によっても多少の違いがありますが、給湯器の最小能力は約3号です。
※入水温度のめやす
  ・夏  約25℃ (30℃を超える場合もあります)
  ・春秋 約15℃
  ・冬  約 5℃

例)入水温度が30℃、出湯量が5リットル/分の場合、出湯温度はリモコンの設定温度にかかわらず約45℃となります。
出湯量を10リットル/分にすると、出湯温度は約37.5℃(リモコンの設定温度がそれ以上の場合は、リモコンの設定温度に)になります。 

 

アンケート:問題は解決しましたか?

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます