• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

Q&A(よくあるお問い合わせ)

  • No : 507
  • 公開日時 : 2019/03/14 15:51
  • 更新日時 : 2019/05/13 09:20
  • 印刷

ガスコンロで点火はするが、しばらくすると火が消えてしまう

 

器具の立ち消え安全装置が作動している可能性があります。

立ち消え安全装置が炎をうまく感知できないため、安全装置が働いてガスを遮断しているものと思われます。ガスバーナーの周りに鉛筆の先のような形をした(立ち消え安全装置や点火プラグ)ものが出ていると思いますので、先が汚れていないかご確認ください。汚れているようでしたら、使い古しの歯ブラシなどで、こすってみてください。また、温度センサー付コンロをお使いの場合は、温度センサー部分も汚れていないかもご確認ください。

鍋底に温度センサーが密着していないと
温度センサーが鍋底の温度を正しく検知出来ず、途中消火等の原因になります。

 <お手入れ方法>

(立ち消え安全装置・点火プラグのお手入れ)
軽い汚れは、やわらかい布などで拭取ります。汚れがこびりついている場合は、毛がやわらかい歯ブラシなどでお手入れしてください。 

(温度センサーのお手入れ)
温度センサーは、片手を添えて、水に浸し固くしぼった布で頭部と側部の汚れを拭取ってください。 

 

 

●相談・修理のお申込みはこちらへお願いします。
リンナイお客様センター
■電話で依頼  |フリーダイヤル 0120-054-321
 携帯電話から|ナビダイヤル    0570-550-258 (通話料がかかります)
■インターネットで依頼|修理依頼フォームはこちら
 
 

 

 

 

アンケート:この回答は役に立ちましたか?

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます