• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

Q&A(よくあるお問い合わせ)

  • No : 519
  • 公開日時 : 2019/03/14 16:27
  • 更新日時 : 2019/04/04 15:16
  • 印刷

コンロの火が、調理途中で弱火になったり強火になったり、消えてしまうことがある。どうしてですか?

 

コンロバーナーの真ん中にセンサーが付いているものでは、センサーで鍋底の温度を検知して、火力を自動的に調整しています。
揚げ物温度調節機能の使用中はその設定温度で、その他のモードでは約250℃で自動調節しています。
また、高温モード(センサー解除)のときは、約290℃で自動調節しています。
いずれの場合でも、火力を弱にしてもまだ温度が上がる場合は、自動的に消火してしまいます。
油の異常加熱による発火やうっかり過熱で、鍋を傷めることを防ぐ安全装置として働いています。

詳しくは、「デジタルカタログを見る」から対象の商品のカタログをご参照ください。

アンケート:この回答は役に立ちましたか?

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます